西宮マリーナについて
ABOUT

 西宮港の一番奥まった場所に位置し、港内水面は穏やかで大切な愛艇にとって優しい環境です。

 

海上の係留スペースには70ftクラスまでの保管が可能、
電気・水道も設置されておりマリーナステイにもぴったり。

外海への出入りには水深5m以上と十分な深さがあり、高さ18mまでなら問題なく入出港可能。
30ft台後半のセーリングクルーザーでも入出港が可能です。

 

50ftクラスの艇も上下架できるクレーンも備え、メンテナンススペースも充実。

マリーナの歴史も長く経験・知識ともに豊かなスタッフにも定評を頂いています。

 

クラブハウスには、シャワーやオーナーズルーム、カフェスペースもあり
海から帰ってきたひとときをリラックスし、心地よくお過ごしいただけます。

 

陸上からの交通アクセスもよく、都市型のマリンライフをお楽しみください。

70年以上の歴史ある西宮マリーナ。瀬戸内、淡路への クルージングの出発点
70年以上の歴史ある西宮マリーナ。瀬戸内、淡路への クルージングの出発点

西宮は江戸時代に酒造りと酒の積出しで栄えた港町です。

港の西に注ぐ東川や、津門川の上流、津門のあたりは古く
万葉の時代に大陸からの船などの停泊地だったといわれ、数々の史跡や伝説が残っています。

その西宮の港に「西宮マリーナ」を開設したのが、今から70年前、1945年のことです。

それ以後、西宮は関西のマリンスポーツのメッカとして発展し、
瀬戸内、淡路へのクルージングの出発点として多くのクルーザーが集結しています。

また、ヨットも盛んで「西宮マリーナ」から多くの海外レースに参加し、数々の偉業が成されています。

「西宮マリーナ」は大阪湾、西宮港の一番奥まった静かな入り江にあり、
波の穏やかな水域で、ボートのためにも優しい係留場所です。

沿革
HISTORY

1945年

西宮市西波止町(現所在地)にて「阪神ヨットハウス」として発足

1962年

株式会社 西宮マリンサービスに社名変更

1967年

株式会社 西宮マリーナに社名変更

1985年~

マリンカーニバル in ニシノミヤ 主催

1994年

クラブハウス、桟橋共、全面リニューアル

1995年

阪神・淡路大震災、被害

1995年~

クラブハウス・ヤード・桟橋の復旧

事業案内
HISTORY

会社名 株式会社西宮マリーナ
所在地 〒662-0933 兵庫県西宮市西波止町1-2
TEL/FAX TEL:0798-35-7757 / FAX:0798-35-2597
代表取締役 玉井 博子、諏訪 禎男
URL http://nishimari.com/
E-mail nishinomiyamarina@nishimari.com

●プレジャーボート・ヨットの保管業務
●新艇・中古艇の販売業務
●ボート・ヨットの修理およびメンテナンス業務
●マリン用品・マリンパーツの販売および修理・メンテナンス
●ボート・ヨットのレンタル業務
●映画撮影・取材等のサポート業務